お尻のニキビや吹き出物を洗うソープや石鹸は優しいものがよい理由

お尻にできるニキビや吹き出物、ぶつぶつの原因はお尻の乾燥しやすく蒸れやすい、そして雑菌が繁殖しやすい、など厳しい肌環境であることがいえます。その他にも、実はボディーソープや石鹸の洗い残しが毛穴をふさいでニキビになってしまうこともあります。ニキビや吹き出物ができている時は、肌の刺激にならない、優しい石鹸やソープを選ぶようにしましょう。

ニキビは肌の炎症

ニキビは毛穴にアクネ菌が入り、毛穴の中で炎症を起こしている状態です。お尻にニキビや吹き出物ができてしまうと、座っていてあたると痛いですよね。特に赤くなっているにニキビは炎症なので刺激を与えずに悪化させないようにすることが大事です。

毛穴がつまった状態の黒ニキビ、白のニキビも固いタオルなどでゴシゴシこすって表面を傷つけたりしないようにしましょう。傷つくとそこからまた雑菌が入り、ニキビが繰り返してしまう可能性があります。

お尻は雑菌が繁殖しやすい場所だから、お尻ニキビは繰り返してしまうんです。

傷つけないように優しく洗っていきましょう。

お尻を洗うソープや石鹸は刺激の少ないものを

石鹸は優しいものを

石鹸は優しいものを

普段はどんなボディーソープや石鹸をお使いですか?

お使いのソープが刺激が強すぎるということはないでしょうか?

お尻ニキビや吹き出物、ぶつぶつの原因はボディーソープの洗い残しだったりすることもあるんです。背中ニキビも、よくシャンプーを変えたらよくなったという話を聞きますね。

実はシャンプーの洗い残しが肌への刺激になってニキビを引き起こしていたのです。

お尻ニキビも同じで、シャンプーやボディーソープの洗い残しが刺激になって肌トラブルを起こしてしまっている可能性もあります。個人差はありますが、洗浄成分が強いものや石油由来の原料が入っているボディソープが肌の刺激になってしまうこともあります。

お使いのボディーソープを一度天然由来のものや、無添加の石鹸などに変えてみると炎症が落ち着くかもしれません。

特に最近は女性のためのデリケートゾーン用の石鹸が出てきています。黒ずみや気になるニオイなどにも効果が期待ができ、成分も刺激の少ないものになっています。

一度そのような石鹸を試してみるのもいいですね。

こすらないためにもボディタオルは柔らかいものを

石鹸は優しいものを

石鹸は優しいものを

今体を洗っているタオルがナイロン製の固いタオルであれば、綿の柔らかいものに変えるか、ニキビのできているところは優しく手で洗うようにしましょう。

ゴシゴシと固いタオルでこすってしまうと、弱っている肌が傷つきさらにまた雑菌が入りやすくなってしまいます。

これ以上悪化させないために、泡はたくさん泡立て、ホイップクリームのような柔らかい泡で包み込むようにやさしく洗うようにしましょう。

そして、洗った後は「必ず保湿」です。肌のバリア機能をあげるためお風呂から出たら5分以内、肌の水分が逃げてしまう前にしっかり保湿することがとても大事です。

最後に

お尻ニキビの原因は主にその過酷な肌環境ですが、シャンプーやボディーソープの洗い残しが刺激になり、炎症を起こしていることもあります。できているニキビや吹き出物は、なるべく刺激にならないようにたっぷりの泡で優しく洗うことが大切です。

使っているボディーソープなども、洗浄成分の強いものではなく、肌に優しい天然由来のものを使うことで肌への刺激を少なくすることができます。最近はデリケートゾーン専用の天然由来成分でできた石鹸もあるので、お尻の肌の刺激を減らすためにも試してみてもよいですね。