お尻に黒ずみやシミができている時に使いたい石鹸

気が付いたらできてしまっていたお尻や股のあたりの黒ずみ。シミのように見えてしまったり、前にできたニキビが跡になってしまっていることもありますよね。お尻回りの黒ずみや色素沈着は、美白成分の入ったコスメでケアしていくことでメラニンの生成が抑えられることが期待されますが、バスタイムではどのような石鹸やボディーソープを使っていったらよいか見ていきましょう。

摩擦などの刺激でメラニン生成

お尻の黒ずみに使いたい石鹸

お尻の黒ずみに使いたい石鹸

お尻は下着や衣類の摩擦を受けやすい場所です。黒ずみやシミの原因となるものとして考えられるのはまず、摩擦によって受ける刺激がメラニンを生成していまい黒ずんで見えてしまうというものです。

下着がきつかったり補正下着のような圧迫するものを身に着けていると、肌と布がこすれて刺激になり肌がメラニンを生成してしまいます。これが黒ずみ、色素沈着になっているのです。

黒ずみやシミができている時は、刺激になってしまうのお風呂でゴシゴシこすって強く洗わないようにしましょう。余計に肌に刺激を与えてしまい、肌はさらにメラニンを生成して黒ずみがひどくなってしまいます。

黒ずみやシミがが気になるとつい、ゴシゴシ洗いたくなることもあると思いますが、汚れではないのでこすって落ちるものではありません。刺激にならないよう、たっぷりの泡で優しく洗うことが必要です。

角質がたまり黒ずみに

お尻を小さく見せるコツ

お尻を小さく見せるコツ

デスクワークが多かったり自転車に乗ることが多いと、体重がお尻にかかって負担になる時間が長くなってしまいます。

全体重で圧迫されて続けていると、お尻に角質がたまっていき肌が厚くなっていきます。肌がざらついたり、くすんで見えたりするのは古い角質が剥がれ落ちずにそのままお尻に残ってしまっているからです。

座っている時間が長いと、どうしてもお尻に負担がかかってしまいますね。

お尻に角質がたまっている場合、しっかり保湿をして肌のターンオーバーを正常に戻してあげることが大切です。そしてお風呂に入っている時など、よく身体が温まっている時に優しく角質を落していきます。

角質を落すときはゴシゴシこすってしまうと、肌がメラニンを生成してしまうので、優しく洗うことが大切です。お尻に刺激を与えないように、優しく角質が落とせるピーリング効果のある石鹸がおすすめです。

お尻の黒ずみやシミに使いたい石鹸

お尻のニキビ跡が消えない時は?

お尻のニキビ跡が消えない時は?

黒ずみやシミができている時は、刺激ならないように優しく洗うことが大切です。

使う石鹸は、柔らかい泡で優しく洗えるようなものにしましょう。できれば界面活性剤ではなく、天然由来成分が使われて肌の刺激にならないようなもの、そして古い角質を落とす、ピーリング効果のあるものを選ぶとよいですね。

お風呂でよく身体を温め、角質を柔らかくしてから優しい泡で包むように洗いましょう。

最後に

お尻の黒ずみやシミは、衣類や下着との摩擦が刺激になり色素沈着が起きていたり、肌のターンオーバーが乱れて古い角質がたまっていることが原因になっていることがほとんどです。

どちらの場合も、ゴシゴシこするのではなく、バスタイムに刺激の少ない石鹸の優しい泡で包むようにして洗いましょう。刺激の少ない洗顔用の石鹸、またはデリケートゾーン専用の石鹸を使って洗うのも良いですね。