跡になってしまったお尻のニキビを自宅でケアする方法

お尻のニキビやブツブツは一度できてしまうと、蒸れやすく乾燥しやすいという過酷な肌環境のため治りにくく繰り返してしまいがちです。お尻は見えないところなので、顔と比べるとついついケアを怠ってしまってはいませんか?よく見ると昔にできたニキビが跡になっていたなんてことがないよう、ニキビの跡を正しい手順でケアしていきましょう。

お尻ニキビの跡の種類

ニキビの跡はニキビができた後に傷や色素沈着が起き、肌にダメージが与えられている状態です。ニキビが繰り返してできた場合など、肌の組織化傷ついてしまい、ニキビが治った後もシミや傷となって残ってしまいます。

ニキビの跡には3種類あり、赤くなっているもの、紫や茶色の色がつき色素沈着しているもの、そして凹凸があるクレーター状になっているタイプです。

それぞれの原因とケア方法を見ていきましょう。

お尻ニキビの跡の種類

お尻ニキビの跡の種類

赤みが残っているニキビ跡

赤みが残っているニキビ跡

赤みが残っているニキビ跡

お尻のニキビの炎症が治まっても、跡が赤く残ってしまう場合があります。しばらくして赤みが引き、治っていけばよいのですが、そのまま赤いまま数か月経過・・・ということがあります。

赤いニキビの跡は、ニキビの炎症ができた時に毛細血管がうっ血したり炎症が肌の奥に残ってしまっているため赤く見えています。

そのままにしておくと、メラニンが作られていき色素沈着タイプのニキビの跡になってしまい、なかなか消えなくなってしまう可能性があるのでこの段階で早目にしっかりとケアしていきましょう。

色素沈着が始まっているようであれば、美白用の化粧品などを使いシミを防いでいくことができますね。そして同時に肌のターンオーバーを正常にして肌バリアの力を高めていくことが大切になります。

具体的にはしっかり保湿をして肌のターンオーバーを正常に戻し、角質層のダメージをケアしていくと良いですね。

紫や茶色の色素沈着ニキビ跡

紫や茶色の色素沈着ニキビ跡

紫や茶色の色素沈着ニキビ跡

炎症が起きた場所に色素沈着が起こり、ニキビの跡が茶色や紫になってしまっている場合です。

肌を保護するためにメラニンが生成され、色素沈着を起こしてしまっています。肌に刺激があればあるほど、メラノサイトは肌を保護しようとメラニンを作っていきます。

メラニンは肌のターンオーバーが正常になっていれば少なくなっていくので、しっかり保湿をして肌のバリア機能を上げていくことが大切です。

メラニンの生成を抑える美白化粧品などを使っても良いでしょう。

凹凸があるクレーターニキビ跡

次に肌の表面に凹凸ができてしまう、クレーター状のニキビ跡です。

特に大きなニキビや炎症を起こして膿んで腫れてしまったあとにできてしまいやすいニキビ跡で、皮膚が真皮までダメージを受けてしまっている状態です。

凹凸があるクレーターニキビ跡

凹凸があるクレーターニキビ跡

表皮のダメージだけであれば跡は残らずに回復していく可能性が高いのですが、真皮まで炎症が広がってしまうと自然に治癒していくのはとても難しい状況になってしまいます。

皮膚科でのレーザー治療やピーリングという方法もありますが、残念なことに完治させるのは難しいようです。

自宅でできるケアとしては、クレーター状のニキビ跡を「目立たなくする」ことですが、長い目で見て数か月、数年の期間が必要になってくるでしょう。

やはり大事なのは肌の正常なターンオーバーになります。生活習慣を見直したり、しっかり保湿を行い、肌をケアすることで新しい細胞が作られていき、傷が目立たなくなっていきます。

特に保湿はしっかりとして肌のバリア機能、ターンオーバーを上げていきましょう。

きれいなお尻とは?

きれいなお尻とは?

最後に

ニキビの跡は大きく分けて3種類あります。赤みのあるもの、色素沈着型のもの、そしてクレーター状になってしまったもの。

クレーター状のニキビ跡は元の状態に完全に戻すことは難しいですが、保湿をして肌のターンオーバーを正常にすることで長い目で見て跡を目立たなくさせることができます。

赤みや色素沈着がある場合は、美白効果のある保湿クリームがとても有効です。メラニン生成を抑え、保湿で肌のバリア機能を上げ、ターンオーバーを正常に戻していくことでだんだんとニキビの跡が目立たなくなっていきます。元の肌の状態に戻すために、しっかりと美白、保湿ケアをしていきましょう。

,