お尻の黒ずみは皮膚科でも治療ができるの?

お尻の黒ずみは角質が厚くなって引き起こされている場合が多いので、自宅でケアすることもできますが、なかなか治らなかったり、ひどい場合は皮膚科で治療してもらうこともできます。皮膚科で治療するお尻の黒ずみとはどのようなものなのでしょうか?

皮膚科で治療するお尻の黒ずみ

お尻の黒ずみは皮膚科や美容外科でも治療することができます。自宅のケアでどうしてもよくならない場合は考えてみてもいいかもしれませんね。エステでも黒ずみの対策はありますが、皮膚科や美容外科と比べると即効性はありません。

ちょっとお尻を出すのは躊躇してしまう、、、という方は自宅でもお尻の黒ずみは十分ケアできますので、まずは自宅で始めてみるといいと思いますよ。

皮膚科や美容外科でよく用いられているお尻の黒ずみの治療方法は、ケミカルピーリング、レーザー、内服薬や外用薬での治療です。

ケミカルピーリングは酸の力で古い角質を取り除き、お尻の黒ずみをなくしていきます。細胞の新陳代謝をアップするので、黒ずみが消えていき、ざらつきなども同時に解消され肌のサイクルが整っていきます。

レーザーは脱毛よりも弱い光をお尻にあて、メラニン色素を破壊していきます。黒ずみに直接光を当てていき、薬なども使用しないためアレルギーのある方には有効な治療法です。

また、皮膚科では医療機関のみで認可されている薬を出してもらえます。

例えば外用薬は、漂白効果のあるハイドロキノンや肌のターンオーバーを整えるトレチノイン酸を使うことで、メラノサイトの働きを弱くし、黒ずみを除去していきます。

皮膚科で治療する場合は、自宅ではできないケミカルピーリングやレーザー、お薬を処方してもらえるので、黒ずみがひどい場合やなかなか治らない場合は一度皮膚科を受診してみるといいですね。

体の場所が場所ですから、できれば女性の先生がいる皮膚科が行きやすいですね。

皮膚科でできるお尻の黒ずみ治療

皮膚科でできるお尻の黒ずみ治療

自宅でできるケアとして

自宅でできるケアとしては、肌のターンオーバーを整えるために生活習慣でもし睡眠や食生活など偏った部分があれば改善するようにし、肌のターンオーバーを整える助けとなる美容クリームなどを取り入れていくといいでしょう。

お尻は過酷な肌環境のため、角質がたまりやすく肌のターンオーバーも乱れがちです。さらに見えない場所なのでケアも忘れがちになってしまいます。

顔のスキンケアをするように、美容成分の入ったクリーム、そして黒ずみにはメラニン生成を防ぐ美白成分の入ったクリームでお尻をケアするのがおすすめです。

肌が生まれ変わっていくのには1ヶ月から数か月かかりますので、じっくりと長く続けられるようなものを選ぶと良いですね。

最後に

お尻の黒ずみは、角質が厚くなって起きていることが多いので自宅でもケアできますが、どうしても治らない場合やひどい場合は皮膚科でも治療ができます。ケミカルピーリングやレーザーなどを使い黒ずみを除去する方法で、医療機関でしかできない方法でもあるので、自宅でのケアが難しくなったら受診してみるのも方法ですね。