お尻の黒ずみができる原因と黒ずみを除去する方法

お尻をじっくり見ることってありませんよね。ふとした時にお尻を見て、ざらついていたり黒ずんでいるなと感じたことってありませんか?実は筆者もある日突然お尻の黒ずみに気がついたことがあり、ショックだったことがあります。お尻って普段あまり見ないし、気にかけないところなのですが、実は負担が大きな場所なんです。

どうしてお尻は黒ずむの?

お尻は柔らかくてツルツルしているもの、と思いがちですが、実はお尻は体の部位の中でも肌環境が厳しく、トラブルを起こしやすい場所なんです。

蒸れやすく、常に清潔にするのが難しい場所でもありますが、加えて下着の摩擦や長時間のデスクワークによるお尻への圧迫などがあり、ダメージを受けやすいのです。

デスクワークの多い女性など、お尻の肌トラブルに悩んでいる女性は多いんですよ。

通常肌のターンオーバーは28日程度とされていて、その周期で新しい肌の細胞がうまれてきます。新しい肌細胞ができれば古い角質が落ちていき、きれいな肌が保たれていくのですが、何らかの原因でこのターンオーバーが乱れ、古い角質がたまっていってしまうと黒ずみの原因になってしまいます。

また、摩擦や刺激も肌がメラニン色素を出してしまうので黒ずみの原因になっています。例えば、自転車に乗る機会が多かったり、きつい下着をつけていると、摩擦が肌への刺激になり肌はダメージを受けないように防御しようとしてメラニンを生成します。

お尻だけでなく、体で摩擦の多い場所は黒ずんでいることがよくありませんか?それは肌が刺激から守ろうとしてメラニンを出しているからなんです。

黒ずみの主な原因は、肌のターンオーバーが乱れ角質が厚くなっている、摩擦の刺激でメラニンが生成されている、またはニキビの跡などが黒ずんでいる場合がほとんどです。

お尻・太ももの黒ずみ

お尻・太ももの黒ずみ

お尻の黒ずみをとる方法

お尻の黒ずみはすぐにとることは難しいですが、じっくりと組んでいくことでだんだんと改善していきます。まず、黒ずみの原因は何かを探っていくことから始めましょう。

長時間のデスクワークや座っていることが多く、お尻が圧迫されている場合は角質がたまっていることが多いので、固い椅子や床に直接お尻が当たらないよう、柔らかいクッションなどを敷いて圧迫を和らげるようにしましょう。

きつめの下着をつけていたり、自転車に乗ることが多い場合は、肌の摩擦が刺激になりメラニンが生成されているかもしれません。下着を見直したり、自転車にサドルカバーなどをつけて刺激を和らげましょう。

そして日々の生活では、肌のターンオーバーを正常に戻し代謝を上げるため、入浴の際にマッサージをしたり、血行を良くするために軽い運動などを取り入れると良いです。

角質がたまっている場合、黒くなり表皮も硬くなっていることが多いので、肌の奥までしっかりと潤いを届けられるよう保湿力の高いクリームでマッサージするのがおすすめです。そしてメラニンが生成されている場合は、美白効果のあるクリームを使うと良いですよ。

しばらくして効果が出ないようであれば、皮膚科での治療も可能です。ただ場所が場所だけにちょっとダメらってしまいますよね。まずは自宅でできるケア、日々の生活を少し変えてみることから始めてはどうでしょうか?

最後に

お尻は自分では見えないので気づかないことが多いのですが、実は圧迫や摩擦の刺激などを受けやすく、黒ずんでしまうことがよくあります。黒ずみを解消するには、あまり刺激を与えないようにし、肌のターンオーバーを促してあげることが大切です。お風呂でのマッサージやお風呂上がりの保湿を心がけ、メラニンが生成されてしまっている場合は美白成分の入ったクリームを使うと良いです。