お尻ニキビや黒ずみはスクラブでこすっても大丈夫?

お尻にニキビができると無理やりとってしまったり、スクラブでこすって落としてしまいたくなってしまいますよね。お尻は蒸れやすく、常に清潔にしているのが難しい場所と言われています。お尻にできたニキビを無理やりとってしまうと、細菌が入りそこから炎症を起こしてしまう可能性もあります。では、スクラブはどうでしょうか?

お尻ニキビや黒ずみの原因

お尻ニキビや黒ずみは、過酷な肌環境のせいでお尻の角質が硬くなり、古い角質がどんどんたまっていってしまうことが原因の一つでもあります。

角質が硬くなり、毛穴をふさぐことによって炎症を起こしたり細菌が入り込んでしまったりしてニキビになることが多いのです。

詳しいお尻ニキビとお尻の黒ずみの原因についてはこちらの記事をご参照くださいね。
お尻ニキビやブツブツができる本当の理由と治し方
お尻の黒ずみができる原因と黒ずみを除去する方法

この硬くなった角質を除去するのにスクラブは有効ですが、お尻のニキビが炎症を起こしていたり赤くなって痛みを伴っている場合はニキビを悪化させてしまう恐れがあるのでスクラブは避けた方が良いでしょう。

お尻ニキビ スクラブ

お尻ニキビ スクラブ

悪化させずにスクラブを使う

つまった毛穴、たまった角質、固くなったお尻の表面をスクラブで優しく落としてあげることは、時には有効です。

でも、こすり過ぎてしまったりスクラブの粒が大きいものだと逆にお尻を気付つけてしまい、そこそから細菌が入ってしまい、ニキビなどの炎症ができてしまう可能性があるので十分注意が必要です。

スクラブはなるべく低刺激性のものを選ぶようにし、お風呂でよくあたたまって肌を柔らかくしてから使うのがおすすめです。

お肌が柔らかくなっていれば力を入れずにこすっても、優しく古く固くなった角質を落すことができます。

お尻の調子を見ながら、スクラブは使っていきたいですね。お尻が傷ついたり炎症を起こしている時は使用を控えましょう。

お尻のニキビや黒ずみに一番効果的なのは、1に清潔、2に保湿です。清潔にして保湿を続けていてもなかなか改善しない場合はスクラブを週に1度か2度くらいから取り入れてみてもいいかもしれません。

お風呂に入ってスクラブをしたら、お肌は乾燥し易い状態になりますので、必ず保湿を心がけましょうね。

最後に

お尻ニキビや黒ずみにスクラブを使うのは、有効ですがお尻に傷がついていたりする場合は、悪化してしまう可能性があるので控えた方がいいですね。スクラブを使う時はお尻の様子を見ながら、お風呂で温まり肌の表面を柔らかくしてから、低刺激性のものを使うのが良いでしょう。

,