自転車に乗るとお尻ニキビや黒ずみは悪化する?

お尻のニキビは下着や洋服の摩擦や、長時間の座っていることが多いとお尻への圧迫が大きくなりひどくなることがあります。お尻に負担がかかると角質が硬く厚くなり、「角質肥厚」となり黒ずみやニキビの原因になっていきます。自転車に乗っているとどうしてもサドルとの摩擦やお尻の圧迫があるため、良い環境とはいえないでしょう。

摩擦と圧迫、蒸れがお尻の負担に

自転車をこいでいると、どうしてもサドルとお尻が触れて摩擦が起きてしまいます。そして自転車に乗っていて感じる振動や、汗からでる蒸れなど、お尻にとっては良い環境ではありません。

お尻は体の部位の中でも清潔にするのが難しい場所でもあるので、汗をかくことで蒸れて細菌が広がってしまう可能性があります。

ニキビは蒸れやすいところにできますので、自転車に乗ったらお尻を拭くなどしてお尻を清潔に保つことが大事ですね。

自転車に乗るとお尻ニキビは悪化する?

自転車に乗るとお尻ニキビは悪化する?

特に痩せている方はお尻の脂肪が少ないため、骨と自転車のサドルの刺激が伝わりやすく、肌がこすれていき黒ずみの原因になってしまいます。

お尻に負担をかけない環境を作ってあげることでお尻の黒ずみやニキビを予防できます。

お尻に負担がかからないように

では実際、自転車に乗っている時にお尻に負担がかからないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?デスクワークなど長時間座っている場合には柔らかいクッションをひくのが良いのですが、自転車に乗っているとクッションを引くわけにもいきませんよね。

補正下着の部類に入るのですが、ヒップパッドをつけると、お尻と自転車のサドルとの衝撃が軽くなります。もともと補正下着なので、痩せていたりおしりが平べったくて悩んでいる方にもおすすめですよ。

ヒップパッドを見てみる

自転車のサドルパッドでお尻の負担を軽く

自転車のサドルパッドでお尻の負担を軽く

ヒップパッドは下着なので、自転車を乗り降りするときにつけたり外したりするものではないのですが、もし自転車に乗る時だけ刺激や摩擦を避けたいのであれば、自転車のサドルにつけるジェル入りのパッドやクッション付のサドルカバーをつけるとずいぶんお尻への刺激が少なくなります。

ジェル・クッション入りのサドルカバーを見てみる

自転車に乗っている時の摩擦や圧迫もお尻ニキビや黒ずみを悪化させてしまう原因になりかねないので、なるべくお尻に負担をかけずに自転車に乗るのがいいですね。

そして硬くなった角質を柔らかくして肌のターンオーバーを正常に戻すため、お尻専用のジェルやクリームなどをつけてお手入れすることも美尻に近づく方法の一つです。

最後に

自転車はお尻にとって負担の多い環境です。摩擦、圧迫、蒸れなど、お尻ニキビや黒ずみの原因や悪化につながってしまう可能性があります。お尻につける補正下着のヒップパッドや、サドルにつけるクッション・ジェル入りのカバーなどをつけてお尻への刺激を少なくしてあげることで負担が軽くなります。

,