太ももやビキニラインの黒ずみができる理由と対処方法

太ももやVラインは普段露出する機会がほとんどありませんが水着を着る、温泉に行くときなど大勢の方の前で肌の露出をするときに目立ってしまう部分ですが、お尻の黒ずみや吹き出物と同様にこの部分の色素沈着で悩んでいる女性は多いんです。この部分が肌色ではなく一部黒ずんで見えることがありますね。これは何が原因で起こるのか、その対処方法について詳しく見てみましょう。

太ももやビキニラインの黒ずみの原因

Vラインや太もも部分に出てくる黒ずみは、色素沈着によるものであったり、落ちるべきの角質がたまってしまい黒ずんで見えたりしています。

太ももやVゾーンに色素沈着が起こるのはこの部分が下着による刺激を受けやすいためです。

太ももやVゾーンの黒ずみ

太ももやVゾーンの黒ずみ

普段の生活でお風呂に入るとき以外のほぼ一日中下着を身に着けて生活していますが、その下着によって肌が刺激を受けています。

普段つけている下着が小さすぎたり、きつく感じていることはありませんか?

刺激から肌を保護するために肌はメラニン色素が生成し、その部分が黒ずんで見えてしまうのです。

とはいっても下着を身に付けないわけにはいかないので、できる限り色素沈着を起こさないように気を付けるようにしましょう。

また肌はターンオーバーを繰り返しており古い角質から新しい角質に生まれ変わっているのですが、結局新しい角質が生まれても下着による刺激を受け続ける限り、黒ずみを解消することが難しいのです。

太ももやビキニラインの黒ずみの対処方法

黒ずみができないようにするためには、黒ずみが起こりやすい部分への刺激を極力抑えることです。

その一つとして身に着ける下着に気を付けることも重要ですね。

ちょうどVラインの部分にゴムがあたってしまうようなタイプの下着を常に身に着けている方は、刺激の少ないタイプの下着を身に着けるようにしましょう。

太ももやVゾーンの黒ずみ

太ももやVゾーンの黒ずみ

例えばボクサータイプの下着はちょうどVラインにゴムの部分があたらず、皮膚への刺激を低減できます。最近ではふんティという下着があり、これはふんどしと女性用の下着が一緒になったものです。

ふんティはVゾーンを締め付ける部分が全くないので、肌の刺激もなく、通気性も良いため蒸れがちなお尻を清潔に保つことができます。

また、腰に紐がついているタイプの下着もおすすめで、腰ではくようになっているためVゾーンへの刺激が軽くなっています。

お風呂で体を洗う時、黒ずみの気になる部分をゴシゴシこすってしまいがちですが、これもまた肌に余計な刺激を与えてますます黒ずみを濃くしてしまいます。

洗う時は石鹸を泡立てて優しく洗うように気を付けます。肌の新陳代謝を活発にするためにも、入浴後保湿を心がけましょう。

化粧水やクリームでスキンケアするのと同じようにお肌をケアしてあげます。黒ずみには美白成分の入っているものが有効ですので、保湿で使うクリームなどはメラニン生成を活発にさせない美白成分配合のものがおすすめです。

最後に

太ももやVゾーンの黒ずみで悩んでいる女性は多いんです。この部分は下着や服からの刺激を受けやすく、刺激を受けた肌がメラニンを生成して黒ずみを発生させてしまいます。普段は見えない場所ですが、水着になったりショートパンツをはいたりすると目立ってしまいますね。

色素沈着の原因は肌への刺激ですので、刺激を与えない下着選び、そして肌のターンオーバーを促すためクリームなどで保湿していきましょう。黒ずみにはメラニンの生成を抑える美白成分が入ったものがよいです。