座り方でお尻の形が決まる?きれいなお尻を作る座り方

座り方はお尻の形に大きく影響します。立っている時と違い、骨盤が歪んでしまうような動作をしてしまいがちです。椅子に座っている時、足を組んだり、猫背になってしまったりしていませんか。骨盤が歪んでしまう座り方だと、お尻の形もくずれていってしまうんです。

お尻の形は座り方次第

実は座り方次第で美しいお尻の形をキープすることができるんです。普段の生活で気をつけてみてくださいね。

逆に言うと座り方に気を付けないとお尻の形を崩す原因にもなってしまうので、気をつけなければいけません。

座り方でお尻の形が決まる?

座り方でお尻の形が決まる?

なぜかというと、座っているとお尻の形が崩れるような動作をしてしまうことが多くなってしまうからです。

立っている時と異なり、座っているとついお尻や姿勢への意識が薄れがちになってしまうため、お尻の形を悪くするような行為を無意識にやってしまうのです。

例えば同じ姿勢で座っていると疲れてきてしまうので脚を組んでみる、脚を広げてみる、放り出すといったように骨盤がずれてしまうような脚の動きを頻繁に行ってしまいますよね。

これを繰り返すことで次第に骨盤がひらく、ずれてしまって足やお尻の形が崩れてきてしまうのです。

腰をかける位置もお尻の形に影響する

長時間座っていると腰が痛くなってきてしまうので、浅く椅子に腰かけて仕事や作業を続けてしまうこともありますよね。実はその姿勢もまたお尻の形を崩す原因になります。

浅く腰掛けるとお尻に体重が強くかかり、お尻の皮膚も不自然にひっぱられてしまうのです。

座ることも美しいお尻を作る、維持するために重要になりますので美しいお尻を保つ座り方をマスターしましょう。

美しいお尻を作る座り方のコツ

座り方でお尻の形が決まる?

座り方でお尻の形が決まる?

椅子に腰を掛けるときは浅く腰掛けるのではなく、背もたれに背中をつけて深く座るようにします。

背もたれにぴったりとくっつけると、背中が丸まるのを防ぐのに効果的です。脚の位置ですが真下に下ろすのが理想的です。

疲れてくると脚を広げたくなってしまいますが、それは足やお尻の筋力が低下している証拠です。

美しい姿勢を保つように気を付けていると次第に筋力も鍛えられてきますで、姿勢を保つことが苦痛でなくなってきます。

デスクワークを行う時は椅子と机の間をできる限り開けないようにするのがコツです。間があいていると猫背にもなりやすく、そこから段々と姿勢が崩れて悪くなってきます。

ただし同じ姿勢を取り続けていると体全体が疲れますので、適度に立ち上がって休憩をして足を延ばしてあげることも大切です。

最後に

座り方次第で、きれいなお尻を作ることもできますし、形を崩してしまうことにもなります。座っている時は骨盤をゆがめてしまう動作をしがちですので、浅く腰掛けずに狭たりに背中を合わせて座るようにしましょう。

きれいな姿勢は骨盤を歪めるのを防ぎますし、見た目も素敵ですね。姿勢は座り方は気をつけていれば必ずよくなっていくのでぜひ日々の生活で心がけてみてくださいね。